OpenStreetMap(OSM)は、道路地図などの地理情報データを誰でも利用できるよう、フリーの地理情報データを作成することを目的としたプロジェクトです。誰でも自由に参加して、誰でも自由に編集でき、誰でも自由に利用する事が出来ます。本サイトは、日本語での情報提供や相互互助の支援を行っています。 編集は、本家サイトOSM.orgで行うことができます。

State of the Map 2017開催まであと一ヶ月!

8月18日〜20日に開催予定のOpenStreetMapの国際カンファレンス「State of the Map 2017」、開催まであとほぼ一ヶ月となりました。
皆様、夏の予定はいかがですか?

http://2017.stateofthemap.org/

会津若松で開催される今年のState of the Map、講演プログラムも発表となり、チケットの販売も開始されています。
(すでにEarly Birdsチケットは売り切れました!)

State of the Mapは、多様な輝きを持つコミュニティや技術、取り組みなど、OpenStreetMapが持つそれらのさまざまな顔が一同に集い、OpenStreetMapのこれからについて議論し、想いを馳せる年に一度のカンファレンスです。
世界を対象にした先進的な取り組みも、地域を対象にした草の根のコミュニティ活動も、OpenStreetMapではすべてが評価されます!

海外の方とのやりとりは英語が中心になりますが、そこは同じコミュニティ、誰もが同じ意欲と同じ悩み、そして共感できる想いを持っています。

ぜひ、世界への窓を覗いてみて、そしてその窓をノックしてください。

夏の会津若松で、あなたをお待ちしています!

State of the Map, Japan Local Team